Research & Reports

米国市場:滲出型加齢黄斑変性 2017 | Access & Reimbursement

米国市場:滲出型加齢黄斑変性 2017 | Access & Reimbursement

  2017年7月発刊 米国の滲出型加齢黄斑変性(AMD)薬市場は、主な承認薬―ロシュ/ジェネンテック社のルセンティス、リジェネロン社のアイリーア―が適応外薬のアバスチン(ロシュ/ジェネンテック社)と競合する点続きを読む米国市場:滲出型加齢黄斑変性 2017 | Access & Reimbursement[…]

【プレスリリース】アイリーアは2018年まで滲出型加齢黄斑変性症市場において優勢であるが、その後は新規製品にシェアが脅かされる

【プレスリリース】アイリーアは2018年まで滲出型加齢黄斑変性症市場において優勢であるが、その後は新規製品にシェアが脅かされる

    後期滲出型加齢黄斑変性(AMD)向けの新規血管内皮細胞増殖因子(VEGF)阻害剤とバイオシミラーの上市によって、今後10年間でAMD市場が断片化されることが明らかとなった。Regeneron/続きを読む【プレスリリース】アイリーアは2018年まで滲出型加齢黄斑変性症市場において優勢であるが、その後は新規製品にシェアが脅かされる[…]

萎縮型・滲出加齢黄斑変性 2017 | Disease Landscape & Forecast

萎縮型・滲出加齢黄斑変性 2017 | Disease Landscape & Forecast

  2017年2月発刊 後期の加齢黄斑変性(AMD)は、視力障害が顕著で、病態が進行すると失明に至る可能性もある。硝子体内注射(IVT)によるVEGF阻害剤が使用可能になったことで滲出型AMDの治療は大変革を遂続きを読む萎縮型・滲出加齢黄斑変性 2017 | Disease Landscape & Forecast[…]

加齢黄斑変性 2016 | Disease Landscape & Forecast

加齢黄斑変性 2016 | Disease Landscape & Forecast

  2016年1月発刊 後期加齢黄斑変性(AMD)は視力障害が顕著で、進行する場合が多く、失明に至る可能性もある。硝子体内注射による血管内皮細胞増殖因子(VEGF)阻害剤が使用可能になり、後期AMDの滲出型(滲続きを読む加齢黄斑変性 2016 | Disease Landscape & Forecast[…]

加齢黄斑変性 2015 | Disease Landscape & Forecast

加齢黄斑変性 2015 | Disease Landscape & Forecast

  2015年1月発刊 後期加齢黄斑変性(AMD)では、視力障害が顕著で進行する場合が多く失明に至る可能性がある。硝子体内注射による血管内皮細胞増殖因子(VEGF)阻害剤が使用可能になり、後期AMDの滲出型(滲続きを読む加齢黄斑変性 2015 | Disease Landscape & Forecast[…]