Research & Reports

胃癌・食道癌 2017 | Disease Landscape & Forecast

胃癌・食道癌 2017 | Disease Landscape & Forecast

  2017年7月発刊 胃食道癌の治療選択肢は限定的で、標的薬2品目のみが胃腺癌とGEJ腺癌の治療に承認されている(食道癌の治療には両剤ともに未承認である)。Roche/Genentech/中外社のハーセプチン続きを読む胃癌・食道癌 2017 | Disease Landscape & Forecast[…]

骨髄異形成症候群 2017 | Niche Disease Landscape & Forecast

骨髄異形成症候群 2017 | Niche Disease Landscape & Forecast

  2017年4月発刊 骨髄異形成症候群(MDS)は造血幹細胞の異常を認める不均一な疾患群で、血球減少症に至り急性骨髄性白血病(AML)に進行するリスクがある。MDSの貧血管理では長年、赤血球造血刺激因子製剤が続きを読む骨髄異形成症候群 2017 | Niche Disease Landscape & Forecast[…]

子宮筋腫 2017 | Niche Disease Landscape & Forecast

子宮筋腫 2017 | Niche Disease Landscape & Forecast

  2017年3月発刊 大量の経血、骨盤圧、不妊が子宮筋腫に関連する主な臨床症状である。ホルモン剤による避妊法(エストロゲンとプロゲスチン配合の経口避妊薬を含む)、プロゲスチンのみの経口避妊薬、長期持続するle続きを読む子宮筋腫 2017 | Niche Disease Landscape & Forecast[…]

非ホジキンリンパ腫・慢性リンパ性白血病 2017 | Disease Landscape & Forecast

非ホジキンリンパ腫・慢性リンパ性白血病 2017 | Disease Landscape & Forecast

  2017年3月発刊 非ホジキンリンパ腫(NHL)市場は今後10年間に、高額薬剤の多数の適応症拡大と新規薬剤7品目の上市で著しく成長する。2015年の患者シェア・売上リーダーであるリツキシマブのバイオシミラー続きを読む非ホジキンリンパ腫・慢性リンパ性白血病 2017 | Disease Landscape & Forecast[…]

悪性黒色腫(メラノーマ) 2017 | Disease Landscape & Forecast

悪性黒色腫(メラノーマ) 2017 | Disease Landscape & Forecast

  2017年3月発刊 悪性メラノーマ薬市場は今後も活発で、顕著な変化が継続する。2011年以降、免疫チェックポイント阻害剤3品目(併用レジメンを含む)、BRAF又はMEKを標的とする薬剤4品目(併用レジメンを続きを読む悪性黒色腫(メラノーマ) 2017 | Disease Landscape & Forecast[…]

卵巣癌 2017 | Disease Landscape & Forecast

卵巣癌 2017 | Disease Landscape & Forecast

  2017年3月発刊 卵巣癌薬市場は、製薬企業にとって商業的価値を秘めている。卵巣癌は初期の化学療法に良好に反応する傾向があるため、現在の薬物治療は化学療法薬に大いに依存するが、専門医は治療アウトカムを改善す続きを読む卵巣癌 2017 | Disease Landscape & Forecast[…]

非小細胞肺癌 2017 | Disease Landscape & Forecast

非小細胞肺癌 2017 | Disease Landscape & Forecast

  2017年2月発刊 バイオマーカーや組織型に基づく処方が、非小細胞肺癌(NSCLC)で標準治療になった。NSCLC―バイオマーカーで定義される患者サブポピュレーションも含む—の治療アルゴリズムは、多くの場合続きを読む非小細胞肺癌 2017 | Disease Landscape & Forecast[…]

腎細胞癌 2017 | Disease Landscape & Forecast

腎細胞癌 2017 | Disease Landscape & Forecast

  2017年2月発刊 血管新生阻害剤が進行性腎細胞癌の主な治療方法である。しかし、治療アルゴリズムは、新規薬剤の承認(免疫チェックポイント阻害剤の初の市場参入を含む)で急速に進化する。高い未充足ニーズのある分続きを読む腎細胞癌 2017 | Disease Landscape & Forecast[…]

乳癌 2016 | Disease Landscape & Forecast

乳癌 2016 | Disease Landscape & Forecast

  2016年11月発刊 乳癌治療の製品パイプラインは豊富で多様性に富み、癌分野で最も収益性が高く活発な領域の一つであり続ける。しかし、充分に確立された有効な薬剤が既に使用可能なため参入への障壁は高い。治療はホ続きを読む乳癌 2016 | Disease Landscape & Forecast[…]

悪性黒色腫(メラノーマ) 2016 | Disease Landscape & Forecast

悪性黒色腫(メラノーマ) 2016 | Disease Landscape & Forecast

  2016年6月発刊 悪性黒色腫(メラノーマ)薬市場は活発で、引き続き大きな変化が起こる。2011年以降、免疫チェックポイント阻害剤3品目及びBRAF又はMEKを標的とする薬剤4品目が、切除不能又は転移性の悪続きを読む悪性黒色腫(メラノーマ) 2016 | Disease Landscape & Forecast[…]

多発性骨髄腫 2016 | Disease Landscape & Forecast

多発性骨髄腫 2016 | Disease Landscape & Forecast

  2016年4月発刊 2014年の多発性骨髄腫市場は、収益が同レベルの他癌市場より罹患率が比較的低いにも拘わらず、目覚ましい売上を上げた。 過去10年間の顕著な治療成果及び有効な高額薬剤の上市により、2024続きを読む多発性骨髄腫 2016 | Disease Landscape & Forecast[…]

米国市場:乳癌 2016 | Access & Reimbursement

米国市場:乳癌 2016 | Access & Reimbursement

  HR陽性/HER2陰性乳癌治療のコスト増加:高額な処方に対する米国の医師と支払者の見解   2016年2月発刊 進行/転移性、HR陽性/HER2陰性乳癌市場は規模が大きく、またこれら患者の治療が一続きを読む米国市場:乳癌 2016 | Access & Reimbursement[…]

乳癌 2016 | Disease Landscape & Forecast

乳癌 2016 | Disease Landscape & Forecast

  2016年2月発刊 乳癌治療の製品パイプラインは豊富で多様性に富み、癌分野で最も収益性が高く活発な領域の一つであり続ける。 しかし、充分に確立された有効な薬剤が既に使用可能なため参入への障壁は高い。治療はホ続きを読む乳癌 2016 | Disease Landscape & Forecast[…]

胃癌 2016 | Disease Landscape & Forecast

胃癌 2016 | Disease Landscape & Forecast

  2016年1月発刊 胃腺癌・食道胃接合部(GEJ)腺癌の特徴は、予後が不良であることである。日本は主要医薬品市場で胃腺癌・GEJ腺癌の罹患率が最も高く、その治療薬市場は商業的魅力があり大きな利益を獲得できる続きを読む胃癌 2016 | Disease Landscape & Forecast[…]

多発性骨髄腫 2015 | Disease Landscape & Forecast

多発性骨髄腫 2015 | Disease Landscape & Forecast

  2015年12月発刊 2014年の多発性骨髄腫市場は、収益が同レベルの他癌市場より罹患率が比較的低いにも拘わらず目覚ましい売上を上げた。過去10年間での顕著な治療成果と有効的な高額薬剤の上市により、2024続きを読む多発性骨髄腫 2015 | Disease Landscape & Forecast[…]

米国市場:癌分野の免疫チェックポイント阻害剤 | Access & Reimbursement

米国市場:癌分野の免疫チェックポイント阻害剤 | Access & Reimbursement

  2015年11月発刊 医師と支払者の受入れ – 非小細胞肺癌、悪性黒色腫(メラノーマ)、腎細胞癌、頭頸部扁平上皮細胞癌に癌免疫療法の新時代到来 癌免疫療法分野は過去数年間著しく進歩し、特に免疫チ続きを読む米国市場:癌分野の免疫チェックポイント阻害剤 | Access & Reimbursement[…]