Research & Reports

米国市場:乾癬 2017 | Access & Reimbursement

米国市場:乾癬 2017 | Access & Reimbursement

  2017年7月発刊 過去10年間、TNF -α阻害剤であるアッヴィ社のヒュミラとアムジェン社のエンブレル、及びヤンセン社のIL-12/23阻害剤ステラーラが乾癬のバイオ製剤市場を牽引してきた。 しかし、新規続きを読む米国市場:乾癬 2017 | Access & Reimbursement[…]

米国市場:クローン病 2017 | Access & Reimbursement

米国市場:クローン病 2017 | Access & Reimbursement

  2017年7月発刊 潰瘍性大腸炎(UC)市場とクローン病(CD)市場には、圧倒的に優勢な既存TNF -α阻害剤(ヤンセン/メルク社のレミケード、アッヴィ/エーザイ社のヒュミラ)がある。 しかし、TNF -α続きを読む米国市場:クローン病 2017 | Access & Reimbursement[…]

米国市場:滲出型加齢黄斑変性 2017 | Access & Reimbursement

米国市場:滲出型加齢黄斑変性 2017 | Access & Reimbursement

  2017年7月発刊 米国の滲出型加齢黄斑変性(AMD)薬市場は、主な承認薬―ロシュ/ジェネンテック社のルセンティス、リジェネロン社のアイリーア―が適応外薬のアバスチン(ロシュ/ジェネンテック社)と競合する点続きを読む米国市場:滲出型加齢黄斑変性 2017 | Access & Reimbursement[…]

中国市場:軸性脊椎関節炎/乾癬性関節炎 2016 | Access & Reimbursement

中国市場:軸性脊椎関節炎/乾癬性関節炎 2016 | Access & Reimbursement

  2016年5月発刊 中国では脊椎関節炎の有病率が上昇しており、強直性脊椎炎(AS)の推定有病者数は160万人を超える。乾癬性関節炎(PsA)有病率は成熟市場より依然として低い一方、新薬の欠如と国産バイオシミ続きを読む中国市場:軸性脊椎関節炎/乾癬性関節炎 2016 | Access & Reimbursement[…]

アルゼンチン・メキシコ市場:関節リウマチ 2016 | Access &  Reimbursement

アルゼンチン・メキシコ市場:関節リウマチ 2016 | Access & Reimbursement

  2016年4月発刊 関節リウマチ(RA)は、アルゼンチン人とメキシコ人の大多数が罹患し、多くの場合高額な生物製剤の使用が必要である。リウマチ専門医には処方可能な薬剤の選択肢が複数あるが、保険適用は各医療制度続きを読むアルゼンチン・メキシコ市場:関節リウマチ 2016 | Access & Reimbursement[…]

ブラジル・メキシコ市場:脊椎関節炎 2016 | Access &  Reimbursement

ブラジル・メキシコ市場:脊椎関節炎 2016 | Access & Reimbursement

  2016年4月発刊 ブラジルとメキシコにおける乾癬性関節炎(PsA)と強直性脊椎炎(AS)の有病者数は130万人と推定され、引き続き増加が予測される。PsAとASに対するバイオシミラーの参入及び新薬の到来に続きを読むブラジル・メキシコ市場:脊椎関節炎 2016 | Access & Reimbursement[…]

米国市場:肥満症/過体重 2016 | Access & Reimbursement

米国市場:肥満症/過体重 2016 | Access & Reimbursement

  商業市場のACO:2型糖尿病と肥満症への影響   2016年2月発刊 2型糖尿病と肥満症は、数百万人の米国人が罹患する慢性疾患で、医療支払者にとって高額な費用を意味する。治療の質とコストを管理する続きを読む米国市場:肥満症/過体重 2016 | Access & Reimbursement[…]

米国市場:乳癌 2016 | Access & Reimbursement

米国市場:乳癌 2016 | Access & Reimbursement

  HR陽性/HER2陰性乳癌治療のコスト増加:高額な処方に対する米国の医師と支払者の見解   2016年2月発刊 進行/転移性、HR陽性/HER2陰性乳癌市場は規模が大きく、またこれら患者の治療が一続きを読む米国市場:乳癌 2016 | Access & Reimbursement[…]

米国市場:関節リウマチ/全身性エリテマトーデス 2016 | Access &  Reimbursement

米国市場:関節リウマチ/全身性エリテマトーデス 2016 | Access & Reimbursement

  自己免疫性疾患の薬剤に関するマネジドケア戦略:RAとSLEにおけるナローネットワークとクリニカルパス   2016年1月発刊 関節リウマチ(RA)と全身性エリテマトーデス(SLE)は慢性で、多数の続きを読む米国市場:関節リウマチ/全身性エリテマトーデス 2016 | Access & Reimbursement[…]

米国市場:神経障害性疼痛 2015 | Access & Reimbursement

米国市場:神経障害性疼痛 2015 | Access & Reimbursement

  2015年12月発刊 新規ブランド薬とジェネリック競合の激化 - 進化する臨床診療と市場アクセス 神経障害性疼痛(NP)は、癌、糖尿病、帯状疱疹、慢性背部痛、多発性硬化症を含め多様な疾患や症状に伴って見られ続きを読む米国市場:神経障害性疼痛 2015 | Access & Reimbursement[…]

米国市場:クローン病と潰瘍性大腸炎 2015 | Access & Reimbursement

米国市場:クローン病と潰瘍性大腸炎 2015 | Access & Reimbursement

  ‐ 生物製剤の新規クラスとTNF-α阻害剤 支払者の方針は処方にどう影響するか?   2015年12月発刊 クローン病(CD)と潰瘍性大腸炎(UC)は、炎症性腸疾患(IBD)を構成する2つの炎症性続きを読む米国市場:クローン病と潰瘍性大腸炎 2015 | Access & Reimbursement[…]

米国市場:関節リウマチ 2015 | Access & Reimbursement

米国市場:関節リウマチ 2015 | Access & Reimbursement

  治療パラダイムの進化 - 利便性の高い選択肢の出現に伴う医師と支払者の見解   2015年12月発刊 中等度~重度の関節リウマチ(RA)治療で、生物製剤(特に腫瘍壊死因子-α[TNF-α]阻害剤)続きを読む米国市場:関節リウマチ 2015 | Access & Reimbursement[…]

米国市場:癌分野の免疫チェックポイント阻害剤 | Access & Reimbursement

米国市場:癌分野の免疫チェックポイント阻害剤 | Access & Reimbursement

  2015年11月発刊 医師と支払者の受入れ – 非小細胞肺癌、悪性黒色腫(メラノーマ)、腎細胞癌、頭頸部扁平上皮細胞癌に癌免疫療法の新時代到来 癌免疫療法分野は過去数年間著しく進歩し、特に免疫チ続きを読む米国市場:癌分野の免疫チェックポイント阻害剤 | Access & Reimbursement[…]

米国市場:前立腺癌 2015 | Access & Reimbursement

米国市場:前立腺癌 2015 | Access & Reimbursement

  2015年11月発刊 新規治療選択肢に対する医師と支払者の見解 – 利益の上がるこの市場で何が償還・市場アクセスの障壁か? 報告書は前立腺癌の既存・新規薬剤に対し、処方、償還、市場アクセスで予測続きを読む米国市場:前立腺癌 2015 | Access & Reimbursement[…]

米国市場:C型肝炎 2015 | Access & Reimbursement

米国市場:C型肝炎 2015 | Access & Reimbursement

  2015年10月発刊 インターフェロン不要薬の最盛期 医療改革と支払者主導のコスト抑制戦略は処方にどう影響するか? C型肝炎(HCV)の市場機会は大規模な有病者数を特徴とし、大半が肝疾患に進行するリスクがあ続きを読む米国市場:C型肝炎 2015 | Access & Reimbursement[…]

米国市場:多発性硬化症 2015 | Access & Reimbursement

米国市場:多発性硬化症 2015 | Access & Reimbursement

  2015年10月発刊 主な既存薬、最近上市された/後期開発中の薬剤、競合する初のジェネリック薬に対する処方医と支払者の見解 多発性硬化症(MS)治療に承認された一連の疾患修飾薬(DMT)は経口薬(例:dim続きを読む米国市場:多発性硬化症 2015 | Access & Reimbursement[…]

米国市場:癌分野の支持療法 2015 | Access & Reimbursement

米国市場:癌分野の支持療法 2015 | Access & Reimbursement

  2015年10月発刊 主な疾患の治療薬に対する医師と支払者の見解は不一致か? 固形癌と血液癌の双方の治療は広範囲の重篤な副作用(発熱性好中球減少症、貧血、悪心・嘔吐、口腔粘膜炎を含む)を伴う。これら副作用は続きを読む米国市場:癌分野の支持療法 2015 | Access & Reimbursement[…]