Research & Reports

AB Science社のmasitinibは筋萎縮性側索硬化症(ALS)治療の新たな選択肢になるのか?

AB Science社のmasitinibは筋萎縮性側索硬化症(ALS)治療の新たな選択肢になるのか?

2017年6月20日   今年初め、AB Science社が現在の標準治療であるリロゾールを投与されているALS患者約400名を対象に、補助療法として投与している経口チロシンキナーゼ阻害剤masitinibのフ続きを読むAB Science社のmasitinibは筋萎縮性側索硬化症(ALS)治療の新たな選択肢になるのか?[…]

FDA「ラジカヴァ(Radicava)」承認:筋萎縮性側索硬化症(ALS)治療の飛躍的進歩になるか?

FDA「ラジカヴァ(Radicava)」承認:筋萎縮性側索硬化症(ALS)治療の飛躍的進歩になるか?

2017年5月17日   2017年5月5日に、FDAが田辺三菱製薬の筋萎縮性側索硬化症(ALS)治療薬「ラジカヴァ(Radicava)」を承認しました。 臨床プロファイル、KOLの意見、治療コスト等について、続きを読むFDA「ラジカヴァ(Radicava)」承認:筋萎縮性側索硬化症(ALS)治療の飛躍的進歩になるか?[…]

筋萎縮性側索硬化症 2017 | Niche Disease Landscape & Forecast

筋萎縮性側索硬化症 2017 | Niche Disease Landscape & Forecast

  2017年3月発刊 筋萎縮性側索硬化症(ALS)は運動ニューロンの変性疾患で、筋消耗や筋力低下の進行に至り、一般的な生存期間は発症から3~5年である。riluzole(Concordia Health/Sa続きを読む筋萎縮性側索硬化症 2017 | Niche Disease Landscape & Forecast[…]

ツールバーへスキップ