Research & Reports

【プレスリリース】膵臓癌市場は今後10年間年率10%で成長し、2026年には約40億ドルに達する見込み

【プレスリリース】膵臓癌市場は今後10年間年率10%で成長し、2026年には約40億ドルに達する見込み

    2017年11月27日(月) 膵臓癌市場は、化学療法剤の既存ブランド薬の浸透拡大、及び転移性の治療に対する高額な新規標的薬の承認により、主要医薬品市場(アメリカ、フランス、ドイツ、イタリア、ス続きを読む【プレスリリース】膵臓癌市場は今後10年間年率10%で成長し、2026年には約40億ドルに達する見込み[…]

【プレスリリース】変形性関節症による疼痛市場は画期的なバイオ製剤の上市で2026年まで顕著に成長すると予測

【プレスリリース】変形性関節症による疼痛市場は画期的なバイオ製剤の上市で2026年まで顕著に成長すると予測

    2017年10月2日(月) 神経成長因子(NGF)を標的とする新規バイオ製剤の上市が2020年に開始し、主要医薬品市場(アメリカ、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、イギリス、日本)で上市後続きを読む【プレスリリース】変形性関節症による疼痛市場は画期的なバイオ製剤の上市で2026年まで顕著に成長すると予測[…]

【プレスリリース】胃食道癌市場は今後10年間で7倍成長し、2026年には130億ドルに到達すると予測

【プレスリリース】胃食道癌市場は今後10年間で7倍成長し、2026年には130億ドルに到達すると予測

    2017年9月7日(木) 胃食道癌市場は2016年の約20億ドルから2026年には130億ドルと顕著に成長する見通しで、最速で拡大する癌疾患の一つになると予想されます。この堅調な成長は、複数の続きを読む【プレスリリース】胃食道癌市場は今後10年間で7倍成長し、2026年には130億ドルに到達すると予測[…]

【プレスリリース】アイリーアは2018年まで滲出型加齢黄斑変性症市場において優勢であるが、その後は新規製品にシェアが脅かされる

【プレスリリース】アイリーアは2018年まで滲出型加齢黄斑変性症市場において優勢であるが、その後は新規製品にシェアが脅かされる

    後期滲出型加齢黄斑変性(AMD)向けの新規血管内皮細胞増殖因子(VEGF)阻害剤とバイオシミラーの上市によって、今後10年間でAMD市場が断片化されることが明らかとなった。Regeneron/続きを読む【プレスリリース】アイリーアは2018年まで滲出型加齢黄斑変性症市場において優勢であるが、その後は新規製品にシェアが脅かされる[…]

【プレスリリース】ディシジョン・リソーシズ・グループ、Ivy Exec社による「2017年最も働きがいのあるコンサルティング会社」で第14位に選出

【プレスリリース】ディシジョン・リソーシズ・グループ、Ivy Exec社による「2017年最も働きがいのあるコンサルティング会社」で第14位に選出

    ディシジョン・リソーシズ・グループはIvy Exec社による「2017 Top Consulting Firms to Work For(2017年最も働きがいのあるコンサルティング会社)」の続きを読む【プレスリリース】ディシジョン・リソーシズ・グループ、Ivy Exec社による「2017年最も働きがいのあるコンサルティング会社」で第14位に選出[…]

【プレスリリース】子宮筋腫治療薬市場10年予測:今後上市が予測される新規薬剤は症候性子宮筋腫の長期管理に有効な新規治療選択肢をもたらす

【プレスリリース】子宮筋腫治療薬市場10年予測:今後上市が予測される新規薬剤は症候性子宮筋腫の長期管理に有効な新規治療選択肢をもたらす

    子宮筋腫治療薬市場には、今後10年間に新規選択的プロゲステロン受容体調節剤(SPRM)―Allergan/Gedeon Richter社のulipristal、Bayer社のvilaprisa続きを読む【プレスリリース】子宮筋腫治療薬市場10年予測:今後上市が予測される新規薬剤は症候性子宮筋腫の長期管理に有効な新規治療選択肢をもたらす[…]

プレスリリース:免疫チェックポイント阻害剤は頭頚部扁平上皮癌治療の潜在医療ニーズを満たすことができるか?

プレスリリース:免疫チェックポイント阻害剤は頭頚部扁平上皮癌治療の潜在医療ニーズを満たすことができるか?

2017年4月5日     欧米医師へのサーベイによると、他の癌疾患と異なり、毒性の少なさやQOLが、SCCHN治療薬の処方促進につながっています。 詳細はこちら(PR Newswire) &nbsp続きを読むプレスリリース:免疫チェックポイント阻害剤は頭頚部扁平上皮癌治療の潜在医療ニーズを満たすことができるか?[…]

プレスリリース:世界の脂質異常症治療薬市場は、2025年には240億ドルまで成長

プレスリリース:世界の脂質異常症治療薬市場は、2025年には240億ドルまで成長

2017年4月5日     PCSK9阻害剤や、新規作用機序を有するETC-1002、anacetrapib、apabetalone 等の上市により、市場の成長が期待出来ます。 詳細はプレスリリース(続きを読むプレスリリース:世界の脂質異常症治療薬市場は、2025年には240億ドルまで成長[…]

プレスリリース:アメリカ市場における院内グラム陰性菌治療のトレンド分析

プレスリリース:アメリカ市場における院内グラム陰性菌治療のトレンド分析

2017年4月5日     薬剤耐性菌の出現により、第一選択薬として使用される薬剤の処方は抑制されていますが、反対に新規抗生物質の処方を後押ししています。 詳細はこちら(PR Newswire) &n続きを読むプレスリリース:アメリカ市場における院内グラム陰性菌治療のトレンド分析[…]

プレスリリース:重症喘息患者に残る潜在医療ニーズ

プレスリリース:重症喘息患者に残る潜在医療ニーズ

2017年4月5日     GSKが販売するヌーカラと、その競合になりうるテバ社、アストラゼネカ社、サノフィ/リジェネロン社の製品の売上を促進させる要因を、潜在医療ニーズの観点から分析します。 詳細は続きを読むプレスリリース:重症喘息患者に残る潜在医療ニーズ[…]

【プレスリリース】世界の脂質異常症治療薬市場:2015年の約170億ドルから2025年には240億ドル以上に成長 – ディシジョン・リソーシズ・グループ調査結果発表

【プレスリリース】世界の脂質異常症治療薬市場:2015年の約170億ドルから2025年には240億ドル以上に成長 – ディシジョン・リソーシズ・グループ調査結果発表

    ディシジョン・リソーシズ・グループは、脂質異常症治療薬市場について、①世界の脂質異常症市場は2015年の約170億ドルから2025年には240億ドル以上に成長、②主なブランド薬の特許失効で今後続きを読む【プレスリリース】世界の脂質異常症治療薬市場:2015年の約170億ドルから2025年には240億ドル以上に成長 – ディシジョン・リソーシズ・グループ調査結果発表[…]