Niche Disease Landscape & Forecast

 

米国及び欧州市場における専門医の意見を基に、弊社専門分野アナリストが深い分析と洞察を加え、今後の事業機会と様々な重要課題をご報告致します。(該当する場合は日本も含む。)

報告書内容は下記を含みます。

  • 臨床状況 (病因、病態生理学、疾患進行、主な薬剤ターゲット)  
  • 患者数10年予測
  • 現在の治療と医療方法
  • 潜在医療ニーズ
  • 新しい治療と規制環境
  • 米国と欧州の10年市場予測 :癌関連報告書のみ
  • 事業機会の評価及び分析
  • 別表:疫学分析、米国と欧州のOrphan Drugs規制に関する課題、市場予測手法の説明

 
prevalence cf

嚢胞性繊維症: 2014年からの10年予測、 6ヶ国の有病率の例(2015年発行版)

 

2017年 - 20報 (癌3報、その他17報) 調査完了時期
急性呼吸窮迫症候群2017
嚢胞性線維症2017
特発性肺線維症2017
筋萎縮性側索硬化症2017
筋ジストロフィー2017
クロストリジウム・ディフィシル感染症2017
B型肝炎2017
敗血症2017
骨髄異形成症候群2017
骨髄線維症2017
原発性胆汁性肝硬変2017
網膜色素変性症2017
移植片対宿主病2017
若年性特発性関節炎2017
子宮内膜症2017
子宮筋腫2017
男性性腺機能低下症候群(低テストステロン)2017
急性リンパ性白血病2017
急性骨髄性白血病2017
肝細胞癌2017
2016年 - 21報 (癌4報、その他17報)調査完了
筋ジストロフィ2016/12/29
ハンチントン病2016/12/30
フレードリッヒ運動失調2016/10/19
脊髄性筋萎縮症2016/6/29
嚢胞性線維症2016/12/19
特発性肺線維症 2016/9/28
強皮症2016/10/10
シェーグレン症候群2016/4/27
サイトメガロウイルス2016/10/5
呼吸器合胞体ウイルス2016/5/25
末端肥大症2016/8/10
アミロイド症2016/12/30
神経膠腫2016/12/27
肝細胞癌2016/12/30
膵臓癌2016/6/23
甲状腺癌2016/12/30
ホジキンリンパ腫2016/5/18
血友病 2016/12/7
特発性血小板減少性紫斑病2016/12/12
鎌状赤血球病2016/7/21
ベータ・サラセミア2016/4/7

諸事情により、トピックス及び発行時期が変更になる可能性があります事宜しくご了承下さい。