Consulting

 

特徴

 
40余年に亘るコンサルティングの経験と実績に基づき、世界主要製薬企業に技術評価及び市場変化について質の高い分析と洞察を提供致します。

ファーマコー、エマージング・マーケット(BRICs)、ディシジョンベース、ペイシェントベース、個別のコンサルティング等、それぞれの調査で既に多数の分析手法、潜在医療ニーズ分析モデル、市場予測モデルを確立している事、コンサルティング部と、多岐に及ぶ領域専門アナリストがプロジェクト・ニーズに合ったチーム編成が容易に可能である事、また弊社のグループ会社との連携により、彼らの情報、データ及びアナリストらにもアクセス可能な事です。
これらを駆使し、250余疾患について調査可能です。

その他、必要に応じて、DR社が保持する10,000余に及ぶ外部スペシャリスト (臨床医、教授、個人の専門分野コンサルタントなど) とのネットワークをメンバーに加える事もあります。

世界主要製薬関連企業にて多数のご利用実績を戴いております。
米国及び欧州製薬企業様のリピートをはじめ、日本の製薬企業様の積極的なご利用も多く、定期的なリピート・クライアントは約10社余です。

 

Leveraging our extensive insights & expertise for client advantage
DRGコンサルティング

 

調査方法

 
Primary Research
臨床医、研究者、各スペシャリスト、ペイヤーへの個別インタビュー。
また、調査目的によって、10~15名のアドバイザリー・ボード間でのオンライン・ディスカッション、スペシャリストやPCP等のオンライン・サーベイ(100名~数百名におよぶ)を実施し、その結果を分析に含める場合もあります。

Secondary Research
複数の文献調査と各種データベースの使用。約500種類の外部の文献及びデータベースと、弊社内で蓄積した独自のデータベースを使用します。

上記の調査より得た情報に基づき、DR社コンサルタントと領域専門アナリストがビジネス分析を行います。
分析結果は最終報告書に纏め、また、分析に利用した仮設、その合理的根拠等を明確に説明致します。

 

代表的な調査の一例

 
海外臨床プロジェクト投資の意思決定にあたり、プロダクトXの事業性評価(Opportunity Assessment)、TPP策定、また比較的開発後期にあるプロダクトについては、獲得市場シェア予測、シナリオ策定、市場戦略等です。こういった調査に含む代表的な調査項目は、

  • 病態生理学:プロジェクトに関する最新情報。必要最小限に留めます。
  • 疫学調査:有病数、診断者数、薬物治療者数、履行率、ターゲット患者グループ、その他のニーズによってより詳細な患者セグメーテーション。
  • 治療の現状:既存治療の実態
  • 医療方法:治療アルゴリズムなど
  • 潜在医療ニーズ分析:どこに臨床上のニーズや機会があるか、プロダクトXの特徴、ハードル、医師の容認度、その他のコマーシャル・ニーズは?
  • 新しい治療:競合他社の同クラス薬剤の開発状況、他クラスの薬剤が及ぼす影響
  • 競合評価:有望な競合品プロファイル
  • マーケットモデル:市場規模/市場シェア
  • マーケットアクセス:価格/償還状況、障壁
  • リコメンデーション:コンサルタントの洞察と客観的な意見

その他の案件(製品戦略、プライシング設定、ライセンシング製品のスクリーニングなど)は、プロジェクトの目的に合わせ調査デザインを組み、調査項目を決めます。

 

調査費用・調査期間

 
適応症数や調査の深さなど、調査範囲により調査期間と費用を決めます。

実質調査期間は約2~3ヶ月です。但し、貴社から依頼内容をお聞かせ戴き、弊社にて調査企画書の作成、貴社レビュー、貴社ご承認に至るまで1週間~1ヶ月程度要します。

 

進め方

DRGコンサルティング
 
1)お差し支えのない範囲で下記をお伺い申し上げます。

調査目的:貴社の目的に合わせ調査デザインを組みます。

プロダクトXの詳細:製品プロファイルかコンセプト(開示不可の場合、貴社が比較対象とする競合薬で可)、対象疾患、 開発ステージ、 特徴、 貴社データ、上市予定年など

調査の範囲:対象国名、予測年数(10~20年)、どの規模のインタビューやサーベイをお考えか?

ご予算の範囲

その他

2) 調査企画書(プロポーザル)作成: 約1週間必要です。
3) 貴社レビュー後、必要に応じて再度打ち合わせし、調査内容、費用、期間等を調整
5) 貴社ご承認
6) 調査開始: 開始直後には貴社担当者(チーム)様のご協力を賜ります。

・キックオフ・ミーティング(WebEx、電話会議で打合せ及び確認)

・インタビュー(又はサーベイ)を実施する医師選択クライテリアについて貴社と弊社の確認

・弊社にて作成する臨床医への質問状 (Study Guide) の貴社レビュー

・貴社プロダクト・プロファイルの提供

・本調査に関する貴社内の開示可能なデータの提供

7) 最終報告書のお届け: PPT デッキ、Excel 等の電子版
8) 報告会:WebExにて。ご依頼により、ご本社や海外事務所にてSite Presentation開催
日本での開催をご希望の場合は別途費用をお願い申し上げます。