Research & Reports

変形性関節炎による疼痛 2017 | Disease Landscape & Forecast

変形性関節炎による疼痛 2017 | Disease Landscape & Forecast

  2017年8月発刊 変形性関節炎(OA)による疼痛は慢性疼痛市場全体で第2位のセグメントで、OA患者は主要市場で7000万人以上存在している。有効性が高く安全な治療薬、特にこのOAによる疼痛の性質と強固な関続きを読む変形性関節炎による疼痛 2017 | Disease Landscape & Forecast[…]

多発性硬化症 2017 | Disease Landscape & Forecast

多発性硬化症 2017 | Disease Landscape & Forecast

  2017年8月発刊 成熟しているが高利益が見込めるMS DMT市場は、現在、複雑な治療アルゴリズムの移行が新規薬剤によって促進され、細分化が続く。ロシュ/ジェネンテック社のOcrevus(オクレリズマブ)に続きを読む多発性硬化症 2017 | Disease Landscape & Forecast[…]

神経障害性疼痛 2017 | Disease Landscape & Forecast

神経障害性疼痛 2017 | Disease Landscape & Forecast

  2017年3月発刊 2014年、神経障害性疼痛(NP)の総売上は主要市場(アメリカ、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、イギリス、日本)で約72億ドルと推定された。現在の治療は、抗うつ薬、抗てんかん薬、局続きを読む神経障害性疼痛 2017 | Disease Landscape & Forecast[…]

筋萎縮性側索硬化症 2017 | Niche Disease Landscape & Forecast

筋萎縮性側索硬化症 2017 | Niche Disease Landscape & Forecast

  2017年3月発刊 筋萎縮性側索硬化症(ALS)は運動ニューロンの変性疾患で、筋消耗や筋力低下の進行に至り、一般的な生存期間は発症から3~5年である。riluzole(Concordia Health/Sa続きを読む筋萎縮性側索硬化症 2017 | Niche Disease Landscape & Forecast[…]

パーキンソン病 2016 | Disease Landscape & Forecast

パーキンソン病 2016 | Disease Landscape & Forecast

  2016年1月発刊 パーキンソン病(PD)は、高齢者に最も一般的な慢性神経変性疾患の一つで、有病率が主要医薬品市場で年間2%上昇すると見込まれる。治療薬市場の特徴は、神経疾患に特有の高い多剤併用率である。こ続きを読むパーキンソン病 2016 | Disease Landscape & Forecast[…]

統合失調症 2016 | Disease Landscape & Forecast

統合失調症 2016 | Disease Landscape & Forecast

  2016年1月発刊 統合失調症は精神障害疾患である。治療は抗精神病薬(従来の定型抗精神病薬や新規の非定型抗精神病薬)が中心となり、その期間は数年から長い場合生涯に亘って続く。 主要市場(アメリカ、フランス、続きを読む統合失調症 2016 | Disease Landscape & Forecast[…]

単極性障害 2016 | Disease Landscape & Forecast

単極性障害 2016 | Disease Landscape & Forecast

  2016年1月発刊 大うつ病(MDD)、小うつ病、及び気分変調症から成る単極性障害は、有病率が非常に高い精神疾患で、七大市場(米国、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、英国、日本)において約8,500万人続きを読む単極性障害 2016 | Disease Landscape & Forecast[…]

アルツハイマー病 2016 | Disease Landscape & Forecast

アルツハイマー病 2016 | Disease Landscape & Forecast

  2016年1月発刊 アルツハイマー病(AD)薬物治療市場は、多大な未充足ニーズと迫り来る社会的負担によって莫大な商機を提示する。患者数は、ベビーブーム世代の高齢化、同時に治療可能な患者数の増加と医療財源の逼続きを読むアルツハイマー病 2016 | Disease Landscape & Forecast[…]

米国市場:神経障害性疼痛 2015 | Access & Reimbursement

米国市場:神経障害性疼痛 2015 | Access & Reimbursement

  2015年12月発刊 新規ブランド薬とジェネリック競合の激化 - 進化する臨床診療と市場アクセス 神経障害性疼痛(NP)は、癌、糖尿病、帯状疱疹、慢性背部痛、多発性硬化症を含め多様な疾患や症状に伴って見られ続きを読む米国市場:神経障害性疼痛 2015 | Access & Reimbursement[…]

双極性障害 2015 | Disease Landscape & Forecast

双極性障害 2015 | Disease Landscape & Forecast

  2015年12月発刊 双極性障害(BPD)は衰弱性の精神疾患で、七大医薬品市場に2,000万人以上の患者がいる。閾値下の軽躁状態やうつ症状から重度の躁病、大うつ病のエピソードまで様々な重症度を呈する患者がい続きを読む双極性障害 2015 | Disease Landscape & Forecast[…]

米国市場:多発性硬化症 2015 | Access & Reimbursement

米国市場:多発性硬化症 2015 | Access & Reimbursement

  2015年10月発刊 主な既存薬、最近上市された/後期開発中の薬剤、競合する初のジェネリック薬に対する処方医と支払者の見解 多発性硬化症(MS)治療に承認された一連の疾患修飾薬(DMT)は経口薬(例:dim続きを読む米国市場:多発性硬化症 2015 | Access & Reimbursement[…]

虚血性脳卒中 2015 | Disease Landscape & Forecast

虚血性脳卒中 2015 | Disease Landscape & Forecast

  2015年9月発刊 虚血性脳卒中(IS)は、世界中で死亡や神経学的障害の主因の一つである。2014年、七大医薬品市場で約150万件の虚血性脳卒中が発症し、前年には有病者110万人が発作の発症後も生存と推定さ続きを読む虚血性脳卒中 2015 | Disease Landscape & Forecast[…]

単極性障害 2015 | Disease Landscape & Forecast

単極性障害 2015 | Disease Landscape & Forecast

  2015年1月発刊 単極性障害―大うつ病(MDD)、小うつ病、気分変調症から構成―は有病率が高い精神疾患で、七大医薬品市場(アメリカ、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、イギリス、日本)の患者数は約8,5続きを読む単極性障害 2015 | Disease Landscape & Forecast[…]

パーキンソン病 2015 | Disease Landscape & Forecast

パーキンソン病 2015 | Disease Landscape & Forecast

  2015年1月発刊 パーキンソン病(PD)は、高齢者で最も一般的な慢性神経変性疾患の一つであり、高齢化に伴い有病率が毎年2%上昇すると予測される。PD治療薬市場の特徴は、神経疾患に特有の高い多剤併用率である続きを読むパーキンソン病 2015 | Disease Landscape & Forecast[…]

加齢黄斑変性 2015 | Disease Landscape & Forecast

加齢黄斑変性 2015 | Disease Landscape & Forecast

  2015年1月発刊 後期加齢黄斑変性(AMD)では、視力障害が顕著で進行する場合が多く失明に至る可能性がある。硝子体内注射による血管内皮細胞増殖因子(VEGF)阻害剤が使用可能になり、後期AMDの滲出型(滲続きを読む加齢黄斑変性 2015 | Disease Landscape & Forecast[…]

アルツハイマー病 2015  | Disease Landscape & Forecast

アルツハイマー病 2015 | Disease Landscape & Forecast

  2015年1月発刊 アルツハイマー病(AD)の薬物療法市場は、引き続き莫大な未充足ニーズで促進され、魅力的な商機である。ベビーブーム世代の高齢化に伴い、AD患者群は今後10年間に急速に増大するとみられ、治療続きを読むアルツハイマー病 2015 | Disease Landscape & Forecast[…]