DRG BLOG

ベンペド酸 – 脂質異常症治療における期待

ベンペド酸 – 脂質異常症治療における期待

2017年12月8日   脂質異常症治療薬としてスタチン系製剤が発売されてから、治療パラダイムは大きく変わりました。 スタチン系薬剤にはもちろん副作用のリスクがありますが、それを上回るベネフィットがあり、多くの続きを読むベンペド酸 – 脂質異常症治療における期待[…]

骨粗鬆症治療薬市場は2026年には91億ドル規模まで成長する見込み

骨粗鬆症治療薬市場は2026年には91億ドル規模まで成長する見込み

2017年11月21日   骨粗鬆症患者は、骨強度の低下により、骨折のリスクが高まっています。 骨折の治療は医療システムにとって大きな負担となっており、より安全で効果的、特に臀部などの非脊椎骨折リスクを低下させ続きを読む骨粗鬆症治療薬市場は2026年には91億ドル規模まで成長する見込み[…]

米国関節リウマチ市場におけるリアルワールドデータ解析

米国関節リウマチ市場におけるリアルワールドデータ解析

2017年11月6日   製薬企業における市場調査は、近年保険請求データや電子健康記録(EHR)データ解析にシフトしつつありますが、各プロジェクトには多くの苦労がみられます。 そもそもデータの購入自体に莫大な金続きを読む米国関節リウマチ市場におけるリアルワールドデータ解析[…]

サイラムザ+ドセタキセル:膀胱癌治療に対する新規併用療法

サイラムザ+ドセタキセル:膀胱癌治療に対する新規併用療法

2017年9月22日   フェーズIIIのRANGE試験の良好な結果が、白金製剤難治性の進行性・転移性膀胱癌に対する新しい治療選択肢につながりそうです。 RANGE試験は膀胱癌における血管新生因子をターゲットに続きを読むサイラムザ+ドセタキセル:膀胱癌治療に対する新規併用療法[…]

新規鎮痛剤は変形性関節炎市場で商機が見込めるのか?

新規鎮痛剤は変形性関節炎市場で商機が見込めるのか?

2017年9月5日   変形性関節炎(OA)は慢性疼痛の中でも有病患者数が最も多い疾患の一つで、主要7ヵ国内で約8,700万人の人に影響を与え、2016年時点では42億ドル規模の市場であると推測されます。 人口続きを読む新規鎮痛剤は変形性関節炎市場で商機が見込めるのか?[…]

胃食道癌における免疫チェックポイント阻害剤の役割は?

胃食道癌における免疫チェックポイント阻害剤の役割は?

2017年8月30日   弊社が行っている疫学調査によると、胃食道癌(胃、食道および胃食道接合部癌)は全癌種の中でも罹患数が最も高い癌の一つで、世界中で年間100万人を超える方が亡くなっています。 臨床データを続きを読む胃食道癌における免疫チェックポイント阻害剤の役割は?[…]

eBook「世界のアルツハイマー病患者数予測2017-2027」:無料ダウンロード戴けます

eBook「世界のアルツハイマー病患者数予測2017-2027」:無料ダウンロード戴けます

2017年8月2日   弊社の患者数データベース ”Epidemiology”では140を超える疾患の20年患者数を予測していますが、本日はその中からアルツハイマー病のデータを一部ご紹介します。 2017年時点続きを読むeBook「世界のアルツハイマー病患者数予測2017-2027」:無料ダウンロード戴けます[…]

ホワイトペーパー「世界バイオシミラー市場のトレンド」:無料ダウンロード戴けます

ホワイトペーパー「世界バイオシミラー市場のトレンド」:無料ダウンロード戴けます

2017年8月1日   2005年に欧州医薬品庁(EMA)がバイオシミラー開発ガイドラインを発行した翌年に、世界初のバイオシミラーであるサンド社のOmnitrope(日本名:ソマトロピンBS皮下注5mg「サンド続きを読むホワイトペーパー「世界バイオシミラー市場のトレンド」:無料ダウンロード戴けます[…]

大うつ病・治療抵抗性うつ患者に対するケタミンの即効性効果:2017米国精神医学学会

大うつ病・治療抵抗性うつ患者に対するケタミンの即効性効果:2017米国精神医学学会

2017年7月13日   5月20日から24日まで、米サンディエゴにて2017年度米国精神医学学会が開催され、1万人を超える関係者が集まりました。 治療抵抗性うつ(TRD)患者に対する適応外治療、特にケタミンに続きを読む大うつ病・治療抵抗性うつ患者に対するケタミンの即効性効果:2017米国精神医学学会[…]

急性骨髄性白血病治療薬のパイプラインデータ:欧州血液学会2017

急性骨髄性白血病治療薬のパイプラインデータ:欧州血液学会2017

2017年7月6日   先月6月22日から25日まで、スペイン・マドリッドにて第22回欧州血液学会が開催されました。 総出席者は1万人を超え、研究者・臨床医・メーカー・産業側等各方面から多くの人が集まり、内容の続きを読む急性骨髄性白血病治療薬のパイプラインデータ:欧州血液学会2017[…]

肥満・過体重:各大手製薬企業の動向と早期パイプラインの薬剤一覧

肥満・過体重:各大手製薬企業の動向と早期パイプラインの薬剤一覧

2017年7月3日   肥満患者の多さに対し、実際に抗肥満薬を投与されている患者は未だに限られています。 弊社の調査によると、G7の国々(米国・フランス・ドイツ・スペイン・イギリス・イタリア・日本)において、2続きを読む肥満・過体重:各大手製薬企業の動向と早期パイプラインの薬剤一覧[…]