Research & Reports

2型糖尿病 2017 | Disease Landscape & Forecast

2型糖尿病 2017 | Disease Landscape & Forecast

  2017年8月発刊 2型糖尿病の有病率は上昇し、患者の長期管理ができる薬剤への未充足ニーズが高いため、市場は急速に拡大する。豊富なパイプラインから新規薬剤が上市されると見込まれ、市場成長の継続が促進される。続きを読む2型糖尿病 2017 | Disease Landscape & Forecast[…]

脂質異常症 2017 | Disease Landscape & Forecast

脂質異常症 2017 | Disease Landscape & Forecast

  2017年8月発刊 脂質異常症という用語は血液中のリポタンパク質の組成、濃度、又は量の異常を指す。脂質異常症は、心血管(CV)疾患における主な修正可能な危険因子であるが、無症候性、ならびにスクリーニング検査続きを読む脂質異常症 2017 | Disease Landscape & Forecast[…]

【プレスリリース】膵臓癌市場は今後10年間年率10%で成長し、2026年には約40億ドルに達する見込み

【プレスリリース】膵臓癌市場は今後10年間年率10%で成長し、2026年には約40億ドルに達する見込み

    2017年11月27日(月) 膵臓癌市場は、化学療法剤の既存ブランド薬の浸透拡大、及び転移性の治療に対する高額な新規標的薬の承認により、主要医薬品市場(アメリカ、フランス、ドイツ、イタリア、ス続きを読む【プレスリリース】膵臓癌市場は今後10年間年率10%で成長し、2026年には約40億ドルに達する見込み[…]

【プレスリリース】変形性関節症による疼痛市場は画期的なバイオ製剤の上市で2026年まで顕著に成長すると予測

【プレスリリース】変形性関節症による疼痛市場は画期的なバイオ製剤の上市で2026年まで顕著に成長すると予測

    2017年10月2日(月) 神経成長因子(NGF)を標的とする新規バイオ製剤の上市が2020年に開始し、主要医薬品市場(アメリカ、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、イギリス、日本)で上市後続きを読む【プレスリリース】変形性関節症による疼痛市場は画期的なバイオ製剤の上市で2026年まで顕著に成長すると予測[…]

変形性関節炎による疼痛 2017 | Disease Landscape & Forecast

変形性関節炎による疼痛 2017 | Disease Landscape & Forecast

  2017年8月発刊 変形性関節炎(OA)による疼痛は慢性疼痛市場全体で第2位のセグメントで、OA患者は主要市場で7000万人以上存在している。有効性が高く安全な治療薬、特にこのOAによる疼痛の性質と強固な関続きを読む変形性関節炎による疼痛 2017 | Disease Landscape & Forecast[…]

米国市場:乾癬 2017 | Access & Reimbursement

米国市場:乾癬 2017 | Access & Reimbursement

  2017年7月発刊 過去10年間、TNF -α阻害剤であるアッヴィ社のヒュミラとアムジェン社のエンブレル、及びヤンセン社のIL-12/23阻害剤ステラーラが乾癬のバイオ製剤市場を牽引してきた。 しかし、新規続きを読む米国市場:乾癬 2017 | Access & Reimbursement[…]

米国市場:クローン病 2017 | Access & Reimbursement

米国市場:クローン病 2017 | Access & Reimbursement

  2017年7月発刊 潰瘍性大腸炎(UC)市場とクローン病(CD)市場には、圧倒的に優勢な既存TNF -α阻害剤(ヤンセン/メルク社のレミケード、アッヴィ/エーザイ社のヒュミラ)がある。 しかし、TNF -α続きを読む米国市場:クローン病 2017 | Access & Reimbursement[…]

米国市場:滲出型加齢黄斑変性 2017 | Access & Reimbursement

米国市場:滲出型加齢黄斑変性 2017 | Access & Reimbursement

  2017年7月発刊 米国の滲出型加齢黄斑変性(AMD)薬市場は、主な承認薬―ロシュ/ジェネンテック社のルセンティス、リジェネロン社のアイリーア―が適応外薬のアバスチン(ロシュ/ジェネンテック社)と競合する点続きを読む米国市場:滲出型加齢黄斑変性 2017 | Access & Reimbursement[…]

【プレスリリース】胃食道癌市場は今後10年間で7倍成長し、2026年には130億ドルに到達すると予測

【プレスリリース】胃食道癌市場は今後10年間で7倍成長し、2026年には130億ドルに到達すると予測

    2017年9月7日(木) 胃食道癌市場は2016年の約20億ドルから2026年には130億ドルと顕著に成長する見通しで、最速で拡大する癌疾患の一つになると予想されます。この堅調な成長は、複数の続きを読む【プレスリリース】胃食道癌市場は今後10年間で7倍成長し、2026年には130億ドルに到達すると予測[…]

胃癌・食道癌 2017 | Disease Landscape & Forecast

胃癌・食道癌 2017 | Disease Landscape & Forecast

  2017年7月発刊 胃食道癌の治療選択肢は限定的で、標的薬2品目のみが胃腺癌とGEJ腺癌の治療に承認されている(食道癌の治療には両剤ともに未承認である)。Roche/Genentech/中外社のハーセプチン続きを読む胃癌・食道癌 2017 | Disease Landscape & Forecast[…]

喘息(重症喘息) 2017 | Unmet Need (US/EU)

喘息(重症喘息) 2017 | Unmet Need (US/EU)

  2017年6月発刊 有効な抗炎症薬と気管支拡張剤数品目が軽度~中等度喘息に使用可能であるが、重症の治療には莫大な未充足ニーズが存在する。重症患者の割合は僅かに過ぎないが、財政・臨床上大きな負担となっている。続きを読む喘息(重症喘息) 2017 | Unmet Need (US/EU)[…]

多発性硬化症 2017 | Disease Landscape & Forecast

多発性硬化症 2017 | Disease Landscape & Forecast

  2017年8月発刊 成熟しているが高利益が見込めるMS DMT市場は、現在、複雑な治療アルゴリズムの移行が新規薬剤によって促進され、細分化が続く。ロシュ/ジェネンテック社のOcrevus(オクレリズマブ)に続きを読む多発性硬化症 2017 | Disease Landscape & Forecast[…]

【プレスリリース】アイリーアは2018年まで滲出型加齢黄斑変性症市場において優勢であるが、その後は新規製品にシェアが脅かされる

【プレスリリース】アイリーアは2018年まで滲出型加齢黄斑変性症市場において優勢であるが、その後は新規製品にシェアが脅かされる

    後期滲出型加齢黄斑変性(AMD)向けの新規血管内皮細胞増殖因子(VEGF)阻害剤とバイオシミラーの上市によって、今後10年間でAMD市場が断片化されることが明らかとなった。Regeneron/続きを読む【プレスリリース】アイリーアは2018年まで滲出型加齢黄斑変性症市場において優勢であるが、その後は新規製品にシェアが脅かされる[…]

非アルコール性脂肪性肝炎 2017 | Unmet Need (US/EU)

非アルコール性脂肪性肝炎 2017 | Unmet Need (US/EU)

  2017年5月発刊 非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)はよく見られる肝疾患で、肝線維化、心血管疾患、癌に進行する可能性がある。現在承認薬はなく、有効な新規薬剤へのニーズは高い。 本報告書では、肝臓専門医と続きを読む非アルコール性脂肪性肝炎 2017 | Unmet Need (US/EU)[…]

過敏性腸症候群-下痢型(IBS-D) 2017 | Unmet Need (US/EU)

過敏性腸症候群-下痢型(IBS-D) 2017 | Unmet Need (US/EU)

  2017年5月発刊 過敏性腸症候群下痢型(IBS-D)は有病率が非常に高く、一般診療で頻繁に見られる疾患で、頻便及び異常な疼痛/不快感を特徴とする。現在のところ、病因と病態生理は不明確で、診断方法(例:バイ続きを読む過敏性腸症候群-下痢型(IBS-D) 2017 | Unmet Need (US/EU)[…]

アトピー性皮膚炎/湿疹 2017 | Unmet Need (US/EU)

アトピー性皮膚炎/湿疹 2017 | Unmet Need (US/EU)

  2017年4月発刊 アトピー性皮膚炎(AD)市場は、病態理解に関する最近の進展、クリサボロール外用剤(ファイザー社のEucrisa)の米国での承認、初の標的生物製剤dupilumab(デュピルマブ)(サノフ続きを読むアトピー性皮膚炎/湿疹 2017 | Unmet Need (US/EU)[…]