【プレスリリース】1型糖尿病市場は2026年までに39億ドル規模まで成長見込み

print

 

 
2018年2月8日(木)

1型糖尿病市場は、バイオシミラーによるブランドインスリン製剤の代替予測、Fiaspによる治療選択肢の増加、インスリン製剤を補助するSGLT阻害剤の売上により、主要医薬品市場(アメリカ、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、イギリス、日本)において2026年までに39億ドル規模まで成長すると予測されます。


報道関係各位

ディシジョン・リソーシズ・グループ 日本支店
 
製薬・医療機器業界に関する展望レポート・データベースの発行、コンサルティングサービスを提供する、ディシジョン・リソーシズ・グループ (所在地:米国マサチューセッツ州バーリントン、CEO:Jon Sandler)は、主要7ヶ国における1型糖尿病(T1D)市場が2026年までに39億ドルに達し、調査対象の患者サブポピュレーション3群で莫大な売上増大が見込まれると予測しました。薬剤数品目が上市され、既存薬からシェアを奪うと予測される一方、治療方法の進展と更なる新規薬剤で市場拡大が見込まれます。市場の追い風として、生涯に及ぶ高額薬剤での治療、薬剤併用、世界的なT1D罹患率上昇が挙げられます。
 
Disease Landscape & Forecast報告書「1型糖尿病」における他の主要ポイント:

■主要医薬品市場での新規超速効型インスリンアスパルト製剤Fiaspの上市、インスリン製剤のバイオシミラー数品目の上市、T1D治療へのSGLT阻害剤クラスの承認で2026年までT1Dの治療情勢は変化し、ランタス、ノボログ、ヒューマログが各々のバイオシミラーに代替され、ノボログとノボ・ノルディスク社自社製品であるFiaspでカニバリゼーションが一部起る。
 
■SGLT阻害剤は、患者の疾患管理において別の治療選択肢となり、インスリン製剤の補助療法薬として使用される可能性が高い。この薬剤クラスは後期治療ラインで使用されるにも拘らず、2026年までに相当な市場シェアを握ると予測される。
 
■2026年までのインスリンポンプの進化で速効型インスリン製剤の使用が促進され、これら患者で長期作用型インスリン製剤の常用が不要になると見込まれる。
 
■T1Dの上位未充足ニーズとして、T1Dに固有である血糖の極端な変動、注射剤による治療へのアドヒアランス不良、一部の患者でインスリン治療への反応が予測不可能であることが挙げられる。
 
ディシジョン・リソーシズ・グループのアナリストKerri Brownのコメント:

「T1Dに関する弊社の市場予測は、最近と今後の出来事についてのDRGの分析・考察を反映しています。2026年まで、インスリン製剤の売上は引き続きT1D市場を独占する一方、SGLT阻害剤で見込まれる売上は、治療の補助的な役割、及びT1Dでインスリン製剤が不可欠であることで制限されます。市場拡大の主な促進要因としては、生涯に及ぶ外因性インスリン注射治療、T1Dに対するSGLT阻害剤の上市による薬剤併用の増加、主要市場での1型糖尿病罹患率の上昇が挙げられます。」
 
「T1Dの成人と小児で、インスリンポンプの使用は主要市場の中で米国が顕著に多いです。ポンプによって速効型インスリン製剤の使用が増加し、長期作用型インスリン製剤は不要になります。完全自動化された「人工膵臓」システムの進展でポンプを使用する成人・小児の割合が増加し、速効型インスリン製剤で見込まれる売上を一層後押しすると予測されます。」

 
【ディシジョン・リソーシズ・グループのDisease Landscape & Forecast Solutionについて】
Insights Platformで入手できる弊社のDisease Landscape & Forecast solutionでは、各疾患の分析、及び現在市販されている既存医薬品ならびに研究開発段階にある医薬品の商業的見地について、専門家レベルの予測を提供します。詳細かつ正確で信頼性が高くタイムリーな分析を通じた技術、主要患者群、現在及び将来の医薬品の展望など、各疾患の詳細については、以下のリンクをご覧ください。
https://decisionresourcesgroup.com/solutions/?utm_source=pressrelease&utm_medium=pressrelease&utm_campaign=pressrelease&lid=pressrelease
 
本報告書の見本をご希望の場合は、弊社ウェブサイトをご確認下さい。

DRGの専門家をフォロー、業界最新ニュースの分析受信等DNRの情報は、Twitterの@drg_tokyo、LinkedIn、DRGブログでご覧頂けます。
 
【調査概要】
調査目的:今後10年の1型糖尿病市場の調査・分析
調査対象:主要7ヵ国(米国、英国、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、日本)の多数のオピニオン・リーダー
調査方法:インタビュー、サーベイと多数文献によるセカンダリーリサーチ

 
【ディシジョン・リソーシズ・グループ 日本支店について】
本社:〒105-0011 東京都港区芝公園1-1-12 芝公園電気ビル7階
日本における代表者: 稲川 公裕
Tel:03-5401-2615
Fax:03-5401-2617
E-mail: TokyoInfo@teamdrg.com
URL:http://www.dresources.jp
事業内容:業界展望レポート・データベースの発行、コンサルティング業務
 
【ディシジョン・リソーシズ・グループについて】
ディシジョン・リソーシズ・グループ(DRG)は、世界のヘルスケア市場のデータ及びインテリジェンスを提供するインターナショナル・コンサルティング会社です。20年以上に亘り、世界のヘルスケア業界で競合する企業において適切な意思決定がなされるべく、常に信頼性の高い最新の情報をお届けしております。社内の経験豊富な専門領域アナリスト、データサイエンティスト、コンサルタントで構成されるチームは、患者の人生を変えるような治療薬の開発・提供に取り組む企業の信頼の置けるパートナーとして、重要事項の意思決定をサポートしております。DRGは複雑なヘルスケア市場での成功を支援します。

 
 

お問い合わせはこちら