非アルコール性脂肪性肝炎 2017 | Unmet Need (US/EU)

print

 

2017年5月発刊

非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)はよく見られる肝疾患で、肝線維化、心血管疾患、癌に進行する可能性がある。現在承認薬はなく、有効な新規薬剤へのニーズは高い。

本報告書では、肝臓専門医と消化器内科専門医が、処方を促進させる特性、及び有効性と安全性の特性での既存治療選択肢の比較を明示します。TPPシミュレーターを使用し、新規薬剤に対する医師の優先度を確定し、新規薬剤が未開拓のNASH分野で利益を出せるか評価します。

調査におけるキーポイント

  • 治療の推進力とゴールは何か?
  •  

  • どのような特性が主に処方に影響するか?限定的な影響を与えるのはなにか?何が未開拓の事業機会か?
  •  

  • 治療の主な推進力とゴールに対し、既存薬はどう役割を果たしているか?
  •  

  • 未充足ニーズと事業機会で何が主な領域か?
  •  

  • 米国と欧州の肝臓専門医と消化器内科専門医は仮説に基づく新規NASH薬に関し、様々な臨床的特徴と薬価でどのような妥協点を受入れるか?

報告書の調査範囲

対象国: 米国、欧州
調査方法: 2017年2月、米国で60名、欧州で31名の肝臓専門医と消化器内科専門医に対しサーベイを実施しました。
主要企業: 武田、Merck KGaA、Intercept、Genfit
主要薬剤: Actos、Glucophage、Ocaliva、Elafibranor

 

お問い合わせはこちら