アトピー性皮膚炎/湿疹 2017 | Unmet Need (US/EU)

print

 

2017年4月発刊

アトピー性皮膚炎(AD)市場は、病態理解に関する最近の進展、クリサボロール外用剤(ファイザー社のEucrisa)の米国での承認、初の標的生物製剤dupilumab(デュピルマブ)(サノフィ/リジェネロン社のDupixent)の開発によって、大変革が見込まれる。治療には外用と全身投与の双方で多数の治療薬が使用可能であるが、重症難治性患者に対する治療薬に莫大な未充足ニーズが依然として残る。

本報告書では、皮膚科専門医の治療目標、処方選択を促す有効性・安全性・デリバリーの主な特性、既存薬が残す治療の不均衡、仮説に基づく新薬の魅力を左右する臨床・非臨床的な特性の相互関係を包括的に概観し、アトピー性皮膚炎分野に存在する商機を評価します。

調査におけるキーポイント

  • 治療の推進力とゴールは何か?
  •  

  • どのような特性が主に処方に影響するか?限定的な影響を与えるのはなにか?何が未開拓の事業機会か?
  •  

  • 治療の主な推進力とゴールに対し、既存薬はどう役割を果たしているか?
  •  

  • 未充足ニーズと事業機会で何が主な領域か?
  •  

  • 米国と欧州の皮膚科専門医は仮説に基づく新薬に対し、様々な臨床的特徴と薬価でどのような妥協点を受入れるか?

報告書の調査範囲

対象国: 米国、欧州
調査方法: 2017年1月、米国で60名、欧州で30名の皮膚科専門医に対しサーベイを実施しました。
主要企業: Pfizer、Sanofi、Regeneron、Valeant、アステラス
主要薬剤: Elidel、Eucrisa、Dupixent、Protopic

 

お問い合わせはこちら