子宮筋腫 2017 | Niche Disease Landscape & Forecast

PDFアイコンpdf_

 

2017年3月発刊

大量の経血、骨盤圧、不妊が子宮筋腫に関連する主な臨床症状である。ホルモン剤による避妊法(エストロゲンとプロゲスチン配合の経口避妊薬を含む)、プロゲスチンのみの経口避妊薬、長期持続するlevonorgestre放出子宮内避妊システムが長年、大量経血(月経過多)の管理に使用されてきたが、類線維腫の減少や多数の症状を解消するわけではない。今後10年間に、新規選択的プロゲステロン受容体調節剤(SPRM)、及び性腺刺激ホルモン放出ホルモン(Gn-RH)拮抗薬が上市され、子宮筋腫の長期管理として子宮摘出術や筋腫摘出術等の手術に代わる有効な新規治療選択肢がもたらされる。

調査におけるキーポイント

  • 子宮筋腫は一般的に再生産年齢の女性が罹患する。総有病者数は米国とEU5ヶ国(フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、英国)でどの程度か?2016年時点で何割の患者が診断されたか?何割の患者が薬物治療を受けたか?この割合は2026年にどう変化するか?
  •  

  • 2024年までにSPRM3品目が症候性子宮筋腫に承認されると見込まれる。新規SPRM3品目はどう差別化・位置付けされるか?どれが2026年までに最大の臨床的・商業的成功を収めるか?
  •  

  • Gn-RH拮抗薬3品目が今後5年間に上市されると見込まれる。第二世代の経口Gn-RH拮抗薬はどのような臨床的役割を担うか?Gn-RH作動薬と比較し、長期的な術前管理でどのような臨床的長所があるか?

報告書の調査範囲

対象国: アメリカ、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、イギリス
調査方法:

子宮筋腫専門医(婦人科医、放射線科医、婦人科病理医)への詳細なインタビュー及び多数の文献調査に基づき、弊社専門分野アナリストが分析・洞察します。
疫学: 国別の子宮筋腫総有病者数、診断数・薬物治療数
治療薬の評価: フェーズIII/申請中(4品目)、フェーズII(3品目)。市場に影響を及ぼすと思われる前臨床/フェーズI(品目)を含みます
主要企業: Allergan、Gedeon Richter、Repros、Bayer HealthCare、AbbVie、Myovant、ObsEva
主要薬剤: ulipristal、telapristone、vilaprisan、elagolix、relugolix、OBE-2109、leuprolide

 

お問い合わせはこちら