C型肝炎市場は急速に縮小するのか?

2017年8月29日
 
2017年8月3日、FDAがアッヴィ社のマヴィレットをすべてのジェノタイプのC型肝炎患者を対象に承認しました。

驚くべきことに、同社は8週間の投与でわずか26,400米ドルでの価格を提案。

ギリアド社のソバルディ・ハーボニーは上市当初12週間の投与で84,000米ドル/94,500米ドルの価格がつけられ、支払者と患者側はより低価格なHCV治療薬を望んでいました。

マヴィレットの価格はメルク社のゼパティア12週間投与と比較し52%安く、ハーボニー8週間投与との比較では、57%も安いことになります。
 

HCV

 
しかしDDA製剤のリスト価格は、一般的に支払者やPharmacy Benefit Manager (PBM) と交渉し支払われる金額よりも大幅に高く、ほとんどの患者はリスト価格の50%引きで処方されています。

アッヴィ社の価格によりコストダウンへの流れが大きく加速する可能性もあります。

 
弊社米国本社サイトでは、米国のHCV市場の展望や、アッヴィ社の価格戦略についてより詳細に記載しています。
Is the HCV Market Set to Undergo a Rapid Decline?

 

お問い合わせはこちら