GSKが開発中「世界初マラリアワクチン」2018年より試験投与:WHO発表

2017年5月15日
 
WHOは4月24日、GSKが開発中の世界初マラリアワクチンの本格的な試験投与を、2018年より開始すると発表しました。

ケニア・ガーナ・マラウイの3ヵ国において、2025年までに約1,200万人がワクチンによりマラリアの脅威から守られる見込みです。
 

malaria vaccine

 
詳しい内容に関するお問い合わせは、こちらにて承ります
 

お問い合わせはこちら