卵巣癌 2017 | Disease Landscape & Forecast

print

 

2017年3月発刊

卵巣癌薬市場は、製薬企業にとって商業的価値を秘めている。卵巣癌は初期の化学療法に良好に反応する傾向があるため、現在の薬物治療は化学療法薬に大いに依存するが、専門医は治療アウトカムを改善する標的薬を益々求める。その為、化学療法の有効性を増大する又は取って代われる治療薬に莫大な事業機会が存在する。今後10年間に新規薬剤数品目の参入が予測されるが、一次治療進行性とプラチナ製剤抵抗性の患者治療を含め、未充足ニーズの重大な領域が依然として存在する。

調査におけるキーポイント

  • 今後10年間に市場規模は2倍以上になると予測される。どのような要因で成長は推進・抑制されるか?どのような課題・事業機会が依然として存在するか?
  •  

  • 主要市場でbevacizumab(Roche/Genentech/中外社のAvastin)が承認され、血管新生阻害剤の薬剤クラスは2024年まで成長する見込みである。何が本薬剤クラスの成長を加速させるか?上市が予測される他剤は他にあるか?bevacizumabのバイオシミラーの参入はこの薬剤クラスにどう影響するか?
  •  

  • 2014年後半、バイオマーカーが関連する初の薬剤olaparib(AstraZeneca社のLynparza)が、米国と欧州で承認された。olaparibは各市場でどう受入れられるか?他にどのようなPARP阻害剤が上市されるか?PARP阻害剤の適応患者の人数は?売上はどの程度になるか?
  •  

  • 再発低グレード漿液性卵巣癌(LGSOC)のMEK阻害が可能性のある治療標的として出現した。何品目のMEK阻害剤が開発中か?どの程度の売上を見込めるか?
  •  

  • 薬物治療は依然として化学療法が中心で、薬剤開発に未充足ニーズの事業機会を残す。主な未充足ニーズは何か?商業的価値が最も高いものは?企業は薬剤開発にどう着手するか?

報告書の調査範囲

対象国: アメリカ、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、イギリス、日本
調査方法: 専門医への詳細なインタビュー及び多数の文献調査と、1ヵ月に卵巣癌患者5人以上を治療する各市場の医師へのサーベイに基づき、弊社専門分野アナリストが分析・洞察します。
疫学: 診断時のステージ(I-IIA、IIB-IIC、III、IV)別の上皮性卵巣癌罹患者数
患者セグメント: 一次治療の早期、一次治療の進行期、二次治療のプラチナ感受性、二次治療のプラチナ抵抗性、三次治療、四次以降の治療
市場予測の特徴: 死亡率を組み込んだ独自の患者フローモデルを使用して、全患者セグメントにおける2024年までの患者数と薬剤売上を予測します。

 

お問い合わせはこちら