変形性関節炎による疼痛 2017 | Disease Landscape & Forecast

print

 

2017年8月発刊

変形性関節炎(OA)による疼痛は慢性疼痛市場全体で第2位のセグメントで、OA患者は主要市場で7000万人以上存在している。有効性が高く安全な治療薬、特にこのOAによる疼痛の性質と強固な関連性を示す特有の作用機序を有する薬剤に未充足ニーズが残ることを考慮すると、本市場は開発企業にとって利益の上がるセグメントである。

現在は費用対効果に優れた非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)とオピオイド鎮痛薬のジェネリック薬が支配しているが、副作用の緩和を目指し、高薬価な乱用防止剤形オピオイド鎮痛薬や既存NSAIDの新規配合剤等のブランド薬が処方される場合も多い。

リジェネロン/テバ/田辺三菱社やファイザー/イーライリリー社の神経成長因子(NGF)を標的とするバイオ製剤等の新規薬剤、並びに生活様式の影響による診断患者数増加が2026年までの市場成長の主な促進要因である。

調査におけるキーポイント

  • オピオイド鎮痛薬の乱用・誤用リスクへの重要視を考慮すると、専門医は本市場がどう変化すると考えているか?
  •  

  • 米Iroko社のVivlodexや米パデュー社のHysingla ER等の新規鎮痛薬が最近上市されたが、治療パラダイムにどのような影響が起こるか?
  •  

  • 新規薬剤クラスのNGFを阻害するバイオ製剤に関して、有効性は強力と称されるが、初期試験で見られた安全性への懸念が継続することも考慮した場合、治療に与える影響はどの程度か?
  •  

  • 開発企業は大規模な患者群でどの程度の市場シェアを獲得すると予測できるか?本市場を促進・抑制する主因は何か?

商品説明

Disease Landscape & Forecast:卓越した疫学、既存治療パラダイムの明快な洞察、詳細なパイプライン評価、詳細なインタビューと文献調査による薬剤売上予測を提供する包括的な市場戦略情報です。
 

お問い合わせはこちら