非小細胞肺癌 2017 | Disease Landscape & Forecast

print

 

2017年2月発刊

バイオマーカーや組織型に基づく処方が、非小細胞肺癌(NSCLC)で標準治療になった。NSCLC―バイオマーカーで定義される患者サブポピュレーションも含む—の治療アルゴリズムは、多くの場合バイオマーカーを伴う新規薬剤の承認で進展が続く。高い未充足ニーズのある不十分な分野で、革新的な薬剤に莫大な商機が提示される。報告書はNSCLCの治療選択肢が今後10年間(2015年 – 2025年)にどう変化するかを洞察します。既存薬と本疾患に承認が予測される薬剤に関し、現在及び今後見込める利益も分析します。

調査におけるキーポイント

  • NSCLCで初の免疫チェックポイント阻害剤が2015年初期に承認された。この承認で、NSCLC治療アルゴリズムはどう変化するか?他にどの免疫チェックポイント阻害剤がNSCLCで最も有望か?免疫チェックポイント阻害剤が使用される可能性の最も高い患者群はどれか?NSCLC市場に及ぶ影響はどの程度か?
  •  

  • 次世代の未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)チロシンキナーゼ阻害薬(TKI)がNSCLC市場に参入し、次世代の上皮増殖因子受容体(EGFR)TKIが後期開発中である。このような薬剤によってALK転座陽性とEGFR変異陽性の各患者の治療方針はどう変化するか?各薬剤はどう違うか?既存・新規薬剤とどう競合するか?
  •  

  • 後期NSCLCパイプラインは多数の薬剤クラスで構成される。既存薬剤クラスは、細分化が進む情勢において新規薬剤とどう競合するか?新規薬剤の安全性・忍容性は使用率にどう影響するか?
  •  

  • 維持療法薬の投与を支持するエビデンスが蓄積され、進行/転移性患者の一次治療後にこのようなプロトコルを使用する例が比較的増加した。維持療法薬市場の規模は?一次治療でのバイオマーカーに基づく処方の増加からどう影響を受けるか?NSCLC市場に参入する新規薬剤は維持療法薬の売上にプラスの効果を持つか?

報告書の調査範囲

対象国: アメリカ、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、イギリス、日本
調査方法: 7ヶ国の32名のオピニオンリーダー医師への詳細なインタビューと多数の文献調査、及びNSCLCを治療する地域の癌専門医212名へのサーベイに基づきます。
疫学: 腺癌、大細胞癌、扁平上皮細胞癌、及びNSCLCの他組織型におけるステージ(IA、IB、IIIA、IIIB、IV)別の罹患率。ステージIVまで進行した腺癌、大細胞癌/NSCLCの他組織型、及び扁平上皮細胞癌の罹患率。(注:将来のNSCLC患者数の予測に、過去の喫煙率に基づく喫煙モデルを使用します)

患者セグメント: 腺癌、大細胞癌/NSCLCの他組織型、及び扁平上皮細胞癌/組織型が立証されていない肺癌のNSCLCに関し、ステージIB/II、III、転移性の一次、二次、三次治療
治療薬の評価: フェーズII(27品目)、フェーズIII(25品目)

 

お問い合わせはこちら