多発性硬化症 2017 | Disease Landscape & Forecast

print

 

2017年8月発刊

成熟しているが高利益が見込めるMS DMT市場は、現在、複雑な治療アルゴリズムの移行が新規薬剤によって促進され、細分化が続く。ロシュ/ジェネンテック社のOcrevus(オクレリズマブ)により再発性MSでの競合が激化し、導入に関して長年続く議論が加熱化する。一方で、治療が不十分な進行性MS患者群の治療がOcrevusによって拡大される。これとは別に、償還当局が医療費の支配に乗り出す状況において、迫り来る新規ジェネリック薬参入はこの高コスト市場で歴史的な転換点となり、後続するブランド薬の市場ポテンシャルが制限される。この複雑な背景で、薬剤開発企業は、強力な抗炎症薬で占められた現在の市場で「次の最先端」とされるMSの神経保護剤及び修復薬の開発に関して焦点を再度明確化した。交差し合うこれら要因の理解が、進展する本市場における既存・新規薬剤の成功に重要になる。

調査におけるキーポイント

  • Ocrevusの商業的展望は他の強力なDMTと比較してどうか?
  •  

  • Ocrevusは特に進行性MS市場でどのような影響があるか?
  •  

  • ジェネリック競合でMS市場はどう形成されるか?
  •  

  • 基本である既存注射剤、既存・次世代の経口薬、バイオ製剤は進展する治療アルゴリズムでどのような臨床的役割を担うか?
  •  

  • KOLはバイオジェン社の革新的な再ミエリン化が期待されるオピシヌマブをどう考えるか?

 

お問い合わせはこちら