メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症(MRSA) 2016 | Disease Landscape & Forecast

print

 

2016年12月発刊

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症(MRSA)は、入院・外来患者の双方で見られる臨床的に重要なグラム陽性菌である。oritavancin(The Medicine Company社のOrbactiv)、dalbavancin(Allergan社のDalvance/Xydalba)及びtedizolid(Bayer HealthCare/Merck社のSivextro)が最近承認され治療選択肢が大幅に増加したため、院内感染型MRSA市場の競合が熾烈化した。過密化したこの分野における熾烈な競合状態を考慮すると、新薬は既存薬(ジェネリック薬を含む)からの改善点を立証し、高額な価格設定を正当化する必要がある。本報告書は主要医薬品市場でのMRSAに関する疫学、主要患者群、及び既存・新規の医療方法・治療薬を包括的に概観し分析します。インタビュー、文献調査、会社説明資料、売上データ、及びオピニオンリーダー医師(KOL)への詳細なインタビューに基づき洞察します。既存・新規MRSA薬市場を疫学に基づき年毎に予測します。

調査におけるキーポイント

  • 院内MRSA市場には多数の薬剤があるため、既存薬の位置付けを理解することが医師のニーズを特定するために不可欠である。専門医は既存MRSA薬をどう考えるか?現在院内でどのように使用されているか?
  •  

  • 今後10年間に、8品目以上の新薬が上市される見込みである。その一方で、linezolidやdaptomycinなど主なMRSA薬の特許が失効する。競合の激しいこの分野で自社の薬剤を位置付けるには、市場の力学を理解することが重要である。どの既存・新薬が今後10年間に商業的成功を見込めるか?
  •  

  • 今後10年間に抗生物質20品目以上が使用可能になり、本市場は過密化する。治療が不十分な主要患者群における未充足ニーズを特定することが、使用率の上昇・商業的成功の実現に向けた適切な戦略の策定において重要である。本市場で最大の未充足ニーズがある分野は何か?新規ブランド薬はこれらにどう対応するか?
  •  

  • 公衆衛生に関する期間は常時MRSA感染症の管理・予防を最重要事項の一つと捉え、これに対する一連の方針を作成してきた。抗菌薬管理プログラムなどが最近及ぼしたプラス効果を考慮すると、当局がMRSAの予防・治療戦略により深く関与することが予想され、新規抗生物質の開発と既存抗生物質の売上に直接影響する。抗生物質の使用と耐性に関する規制当局の方針が変更されると、MRSAに対する新規抗生物質の開発・位置付けにどう影響するか?

報告書の調査範囲

対象国: アメリカ、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、イギリス、日本
調査方法: 消化器内科医と感染症専門医への詳細なインタビュー及び多数の文献調査に基づき、弊社専門分野アナリストが分析・洞察します。
疫学: 国・疾患別のMRSA患者の診断件数(院内・市中感染MRSAを含む)
患者セグメント: 複合皮膚・皮膚組織感染症(cSSSI)、血流感染症(BSI)、複雑性腹腔内感染症(cIAI)、尿路感染症(UTI)、院内肺炎(NP)
治療薬の評価: フェーズIII(5品目)、フェーズII(7品目)、最近上市(3品目)

 

Pages:
165
Tables:
57
Figures:
40
Citations:
119
Drugs:
30
Interviews:
30

 

お問い合わせはこちら