前立腺癌 2016 | Disease Landscape & Forecast

print

 

2016年1月発刊

前立腺癌の薬物治療は過去数年間で急速に進展した。2010年以降有効な治療薬5品目が上市され転移性去勢抵抗性前立腺癌(mCRPC)は過密化・競合激化し、ホルモン剤のZytiga(Johnson & Johnson/Janssen Biotech/Janssen-Cilag/AstraZeneca社のabiraterone)とXtandi(Medivation/アステラス社のenzalutamide)が熾烈に競合する。

薬剤開発パイプラインは活発で、後期開発中の薬剤は広範囲な薬剤クラスに及ぶ。

今後10年間に見込まれる新規薬剤数品目の上市により競合は激化する。臨床的・商業的に最大限に成功するためには既存・新規治療薬の差別化と位置付けが必須である。

調査におけるキーポイント

  • Zytigaは2014年に七大医薬品市場で売上を牽引したが、2016年は米国でジェネリック競合に直面する。専門医は何がZytigaの長所と短所と考えるか?Zytigaに最も大きな脅威を与える治療薬はどれか?どの薬剤が2024年に売上を牽引するか?
  •  

  • パイプラインは活発で、数品目が第III相試験中である。専門医は後期開発中の薬剤をどう考えるか?注視すべき新規薬剤は何か?どの新規薬剤が2024年までに上市されるか?
  •  

  • 薬剤開発企業は、過密化したmCRPCより非転移性去勢抵抗性(nmCRPC)及びホルモン感受性セグメントを含む早期患者群に益々注目する。専門医はどの薬剤が最も有望と考えるか?どのような要因でnmCRPC・ホルモン感受性市場は形成されるか?未開拓のこれら設定を標的にする既存・新規薬剤の臨床/商業的な見通しは?

報告書の調査範囲

対象国: アメリカ、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、イギリス、日本
調査方法: 前立腺癌専門医への詳細なインタビューと臨床医(癌専門医、泌尿器専門医)へのサーベイ及び多数の文献調査に基づき、弊社専門分野アナリストが分析・洞察します。
疫学: 生化学的再発リスク・TNM病期別の前立腺癌罹患率
臨床患者数と市場に関連する薬物治療可能な患者数

患者セグメント: 新規症例の低/中リスク(ホルモン感受性)
新規症例の高/超高リスク(ホルモン感受性)
新規症例の転移性(ホルモン感受性)
生化学的再発(ホルモン感受性)
非転移性去勢抵抗性
一次治療の転移性去勢抵抗性
二次治療の転移性去勢抵抗性
三・四次治療の転移性去勢抵抗性

治療薬の評価: フェーズI/II(36品目)、フェーズIII(10品目)
市場予測の特徴: 独自の患者フローモデルを使用して、臨床的・商業的に関連する前立腺癌患者セグメントの2024年までの患者数、薬剤売上を予測します。

 

Pages:
160
Tables:
67
Figures:
44
Citations:
100
Drugs:
62
Interviews:
30

 

お問い合わせはこちら