非小細胞肺癌 2015 | Disease Landscape & Forecast

print

 

2015年1月発刊

バイオマーカーと組織型に基づく処方は、主要医薬品市場の非小細胞肺癌(NSCLC)治療で一般的である。分子的に定義されたサブポピュレーションを含め、NSCLC患者の治療は引き続き進展し、新規薬剤は元より、関連するバイオマーカーやコンパニオン診断薬の開発で更に推進される。薬剤とコンパニオン診断薬の同時開発は、商業的成功に向けて最も有望な手段の一つである。未充足ニーズが高く治療が不十分な分野で、革新的な薬剤に莫大な商機が提示される。

報告書では、既存・将来の薬剤ターゲットを説明付ける病因や病態生理学、疫学、既存・新規治療法の評価、未充足ニーズ、七大医薬品市場(アメリカ、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、イギリス、日本)における非小細胞肺癌市場の10年間の展望について論じます。

調査におけるキーポイント

  • 開発上の障壁にも拘らず、NSCLCに関する多数の免疫療法薬の後期臨床試験が実施中又は開始予定である。最も有望な免疫療法薬はどれか?どの主要患者群へ参入する可能性が最も高いか?免疫療法薬が承認された場合、市場全体に及ぶ影響はどの程度か?
  •  

  • 次世代のEGFR阻害剤とALK阻害剤が後期開発中である。これら治療薬が承認された場合、どう使用されるか?臨床的利点は何か?Genentech/Roche/中外社のerlotinib(Tarceva)やPfizer社のcrizotinib(Xalkori)などの既存薬とどう競合するか?
  •  

  • 大規模なNSCLCパイプラインは、免疫療法薬、ポリADPリボースポリメラーゼ阻害剤、BRAF/MEK阻害剤、CDK 4/6阻害剤など多数の新規薬剤クラスの薬剤を含む。既存薬剤クラスは、細分化が進む市場で新規薬剤とどう競合するか?新規薬剤の安全性や忍容性は、使用率にどう影響するか?
  •  

  • 維持療法の投与を支持するエビデンスが蓄積され、進行性/転移性患者の一次治療後にこのようなプロトコルの使用が比較的増加した。維持療法市場の規模は?一次治療で増加するバイオマーカーに基づく処方によってどう影響を受けるか?新規薬剤は維持療法の売上にプラスの効果をもたらすか?

報告書の調査範囲

対象国: アメリカ、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、イギリス、日本
調査方法: 7ヶ国の39名のNSCLC専門医への詳細なインタビューと多数の文献調査に基づきます。
疫学: 腺癌、大細胞癌、扁平上皮細胞癌、NSCLCの他組織型におけるステージ(IA、IB、IIIA、IIIB、IV)別の罹患率
ステージIVまで進行した腺癌、大細胞癌/他、扁平上皮細胞癌の罹患率(注:将来のNSCLC患者数の予測に、過去の喫煙率に基づく喫煙モデルを使用します)
患者セグメント: 腺癌、大細胞癌/他、扁平上皮細胞癌。ステージIB/II、ステージIII、進行性/転移性の一次治療、二次治療、三次治療

治療薬の評価: フェーズI/II(32品目)、フェーズIII(24品目)、申請中(2品目)、申請済(2品目)

 

Pages:
205
Tables:
104
Figures:
48
Citations:
146
Drugs:
60
Interviews:
39

 

お問い合わせはこちら