非ホジキンリンパ腫 2015 | Disease Landscape & Forecast

print

 

2015年11月発刊

非ホジキンリンパ腫(NHL)市場は、高額薬剤での多数の適応症拡大と新規薬剤4品目の上市で、今後10年間に著しく成長する。2014年に患者シェアと売上を牽引したrituximabで予測されるバイオシミラーの影響、及び2014年のNHL市場で売上第2位であったbendamustineへのジェネリック薬の影響にも拘わらず、成長する。NHLには臨床的・商業的に未開拓のポテンシャルが、有効性を改善された治療薬、及び現在治療が不十分な患者セグメントに位置付けられた薬剤に依然として存在する。

報告書では、既存・将来の薬剤ターゲットを説明付ける病因や病態生理学、疫学、既存・新規治療法の評価、未充足ニーズ、七大医薬品市場(アメリカ、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、イギリス、日本)における非ホジキンリンパ腫市場の10年間の展望について論じます。

調査におけるキーポイント

  • NHLで初のキナーゼ阻害剤が2013年後期に承認された。NHL治療アルゴリズムはこの承認でどう変化したか?他にどのキナーゼ阻害剤がNHLで最も有望か?キナーゼ阻害剤がターゲットにする可能性の最も高い患者群はどれか?キナーゼ阻害剤がNHL市場に与える影響はどの程度か?
  •  

  • rituximabは全NHL薬物治療患者群で広範囲に使用され、売上は莫大であるが、バイオシミラー及びobinutuzumabなど新規薬剤の参入で多大な脅威に直面する。rituximabの市場シェアは、バイオシミラーと新規薬剤の参入で今後10年間にどう変化するか?Roche社はブランド薬rituximabにおけるバイオシミラーの影響をどう最小限に抑えようとするか?
  •  

  • NHL市場は2024年まで堅調な成長を遂げる。どのような要因でこの成長は推進されるか?どの薬剤クラスがNHL治療を独占するか?今後10年間にどのような新規薬剤クラスが出現するか?その薬剤クラスが市場に及ぼす影響はどの程度か?

報告書の調査範囲

対象国: アメリカ、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、イギリス、日本
調査方法: 7ヶ国27名の専門医への詳細なインタビューと、多数の文献調査に基づきます。NHLを治療する血液腫瘍専門医213名へのサーベイも実施しました。
疫学: FL、CLL/SLL、DLBCL、及びMCLの罹患率
患者セグメント: FL、CLL/SLL、DLBCL、MCLの一次治療、二次治療、三次治療

治療薬の評価: フェーズII(16品目)、フェーズIII(7品目)、申請中(0品目)、承認済(0品目)。市場に影響を及ぼすと思われるフェーズI(18品目)を含みます。

 

Pages:
228
Tables:
87
Figures:
70
Citations:
210
Drugs:
77
Interviews:27
Surveys:213

 

お問い合わせはこちら