米国市場:癌分野の支持療法 2015 | Access & Reimbursement

print

 

2015年10月発刊

主な疾患の治療薬に対する医師と支払者の見解は不一致か?

固形癌と血液癌の双方の治療は広範囲の重篤な副作用(発熱性好中球減少症、貧血、悪心・嘔吐、口腔粘膜炎を含む)を伴う。これら副作用は生命を脅かすだけでなく患者のQOLに著しく有害な影響があり、投与延期、投与量減量、又は癌治療の中止が必要になる場合が多く、それ故アウトカムに悪影響が及ぶ。その結果、化学療法関連の副作用に対し支持療法薬を使用する治療は癌患者の良好なケアに不可欠な要素である。最近承認されたバイオシミラーfilgrastim(Sandoz社のZarxio)はFDAが承認した初のバイオシミラーで、支払者と医師の双方が受入れれば薬価低下が促進される。癌とその治療の双方に伴う貧血は患者に多大な影響があるが、赤血球造血刺激因子製剤(ESA)の毒性プロファイルとアウトカムに及ぶマイナス影響から積極的に処方しない医師もいる。

化学療法誘発性悪心・嘔吐の予防治療は特定の化学療法レジメンに組込まれた治療内容になったが、多数の患者は依然として症状を呈し、薬剤コストは高い。ジェネリック薬と革新的な製剤の到来で、支払者がこれら治療薬のアクセスを促進すると患者のアクセスと症状管理が改善される。特に放射線療法/化学放射線療法を受ける頭頸部扁平上皮癌患者の口腔粘膜炎管理は不十分で、患者はひどい症状と不良なQOLを経験する。治療薬が最適でないにも拘わらず既存薬へのアクセスは一定でなく、患者の相当なコスト負担を伴う。多様な支持療法で患者アクセス、コスト増大、抑制策のテーマが存在する。

調査におけるキーポイント

  • 現在のところ、化学療法を受ける患者における発熱性好中球減少症の予防・管理で顆粒球マクロファージコロニー刺激因子(G(M)-CSF)の処方の牽引力と障壁は何か?処方のコスト関連と臨床上の主な障壁は何か?どのような要因が薬剤選択に影響するか?
  •  

  • 支払者がフォーミュラリーでG(M)-CSFを保険適用する場合どのような要因を考慮するか?どの薬剤が最も頻繁に有利な状況を獲得するか?間近に迫るバイオシミラーfilgrastimの到来はこの薬剤クラスの薬価決定と償還力学にどのような影響を与えるか?
  •  

  • 専門医が癌と治療に伴う貧血に治療を選択する際、注視する主な促進力と障壁は何か?処方医がESAを処方する際どのようなコスト抑制策に直面するか?バイオシミラーepoetin alfaに関する癌専門医の見解と処方意図は何か?
  •  

  • 専門医は急性・遅延性の化学療法誘発性悪心・嘔吐の管理で、どのような見解から治療薬を選択するか?医師と支払者は最近上市された配合(NK1/5HT3RA)剤をどう捉えるか?支払者はコスト抑制にどのような措置を講じるか?
  •  

  • 医師は最近上市されたVarubi(rolapitant)をどう捉えるか?aprepitantのジェネリック薬が使用できる状況でどの程度まで処方するか?支払者は本薬剤を様々な薬価でどのティアに位置付けるか?
  •  

  • 専門医と支払者は支持療法で未充足ニーズが最も高い分野はどこと考えるか?支払者は口腔粘膜炎又は化学療法誘発性悪心・嘔吐の新規薬剤にどのような対照薬を予測するか?

報告書の調査範囲

報告書は、化学療法に伴う発熱性好中球減少症、癌とその治療に伴う貧血、化学療法誘因性悪心・嘔吐、口腔粘膜炎の治療における支持療法薬の償還・市場アクセスの進展する状況を調査します。益々コストに敏感になる中で主な支持療法薬の処方に影響する力学を明示し、初となるバイオシミラーの市場参入を目前にして広範囲に使用される治療薬が直面する課題、ジェネリック薬参入が既存ブランド薬に与える影響、新規薬剤が市場での浸透を狙う際に直面する障壁を調査します。

調査方法: 癌専門医、血液腫瘍専門医、マネジドケア組織の薬局長/医療部長へのオンライン・サーベイに基づき、弊社専門分野アナリストが分析・洞察します。

 

Pages:
206
Drugs:
27
Doctor Surveys:101
Payer Interviews:30

 

お問い合わせはこちら