米国市場:前立腺癌 2015 | Access & Reimbursement

print

 

2015年11月発刊

新規治療選択肢に対する医師と支払者の見解 – 利益の上がるこの市場で何が償還・市場アクセスの障壁か?

報告書は前立腺癌の既存・新規薬剤に対し、処方、償還、市場アクセスで予測される障壁について、弊社専門分野アナリストが分析・洞察します。高額薬剤5品目―Zytiga(Johnson & Johnson社)、Xtandi(Medivation社)、Provenge(Valeant社)、Xofigo(Bayer社)、Jevtana(Sanofi社)―が米国で前立腺癌に承認済みで、転移性去勢抵抗性前立腺癌(mCRPC)市場の過密化と競合激化を促進させる。新規薬剤が市場参入を狙う際に、治療薬の順序決定及び最適な償還の確保が重要性を増す。

調査におけるキーポイント

  • 転移性去勢抵抗性前立腺癌(mCRPC)に承認済み高額薬剤は米国に5品目あり、これらについて現在の処方の促進力と障壁を調査します。これらは米国のmCRPC治療でどのような役割を担うか?どのような治療設定で処方されるか?どのような要因が医師の処方に影響/抑制するか?医師は処方が今後どう変化すると見るか?これらの変化を促進する要因があるとすれば何か?
  •  

  • 前立腺癌の新規薬剤に対する支払者の態度: どのような要因で新規薬剤のティア指定は決定されるか?どのような要因がフォーミュラリー収載に影響するか?マネジドケア組織(MCO)の償還制限(ティア指定とフォーミュラリー制限を含む)は、新規薬剤で見込まれる患者シェアにどう影響するか?
  •  

  • 有利な償還や医師による新規薬剤の受入れの確保に必須となる、臨床試験の評価項目に対する医師と支払者の態度: 医師は後期開発中の新規薬剤をどう捉えるか?医師は、前立腺癌の新規薬剤が有利な償還を確保するには、どのような臨床的ベネフィットが必要とみるか?何が新規薬剤の適切な対照薬及び主要評価項目と考えるか?

報告書の調査範囲

調査方法: 米国の泌尿器科医52名、癌専門医50名と、MCO薬局長/医療部長30名にサーベイを実施しました。
新規治療薬の評価: フェーズIII(4品目)を含みます。

 

Pages:
156
Tables:
25
Figures:
97
Citations:
3
Drugs:
12
Doctor Surveys:102
Payer Surveys:30

 

お問い合わせはこちら